食品添加物が子供の身長に与える影響とは?

食品添加物が子供の身長に与える影響とは?

食品添加物が子供の身長に与える影響とは?

食品添加物があまり良くないもの、だということは何となく分かってはいるけれど、なかなか添加物を一切使用していない食材ばかりを使うのは難しいですよね。スーパーに売っている食品一つ一つの原材料をチェックしながら買い物をするのは大変だし、特に夏場などは保存料を一切使用していない食材しか使わないとなると、毎日、下手をすれば1日に数回買い物に行かなければならなくなってしまいます。もしも共働きのご家庭だったら、これは不可能に近いでしょう。

 

実際、添加物は子供の身長にどのような影響を与えるのでしょうか?

 

ハムやソーセージ、コーラやアイスクリームなどに使われるポリリン酸塩やメタリン酸といったリン酸系の食品添加物は、カルシウムや亜鉛、マグネシウムと結合して体外へそのまま排出させてしまうのです。カルシウムも亜鉛もマグネシウムも、身長を伸ばすためには欠かせない栄養素です。せっかく栄養バランスを考えてこれらの栄養素が豊富に含まれた食事を食べさせてあげても、食品添加物が使われていることによってせっかくの栄養素がほとんど吸収されずに排出されてしまうのです。これでは身長を伸ばすことができません。さらに食品添加物は子供の身体の代謝にも悪影響を及ぼします。そのため、食品添加物が多く使われた食品を食べすぎると、身長が伸びなくなってしまうのです。

 

とは言え、やはり食品添加物が一切使われていない食材ばかりを使って料理をするのは大変です。しかし、添加物未使用の食品ばかりを使わなくても、可能な限り食品添加物を取り除いてから調理すれば、食品添加物による悪影響をかなり軽減させることができます。

 

食品添加物を取り除くには、食品を一度熱湯にくぐらせればいいのです。例えば、ハムやソーセージなどの加工肉は、調理前に10秒ほど熱湯にくぐらせます。カップラーメンなどは麺を柔らかくするために使ったお湯は一度捨て、新しいお湯を入れてから食べるようにすればいいのです。このように、調理前にひと手間かけて添加物を取り除くことで、添加物を使用した食品でも安心して料理に使えるようになります。


ホーム RSS購読 サイトマップ