子供の身長を伸ばす方法

子供の身長を伸ばす方法

子供の身長伸ばす!男の子と女の子の平均身長は?

男の子と女の子の平均身長は、12歳ごろまではそれほど大きな差はありません。13歳ごろになり、男の子の思春期が始まるとだんだんと男女の差がはっきりしてくるようになります。

 

思春期は、人の一生の中で生後1年間の次に最も身長が伸びる時期です。この時期は、1年間で7cmから10cm近くも身長が伸びます。思春期が始まる時期は男の子と女の子では違いがあります。女の子の方が男の子よりも2年ほど早く、10歳前後で思春期が始まります。そのため、このあたりの年齢では男の子よりも女の子の方が身長が高くなる傾向があります。しかし思春期の身長の伸びは女の子よりも男の子の方が大きいため、最終的には男の子の方が女の子よりも平均身長が高くなります。

 

平成26年度の男の子と女の子の、各年齢の平均身長は次のようになっています。

 

まず、女の子の思春期が始まる前に9歳では、男の子が133.6cm、女の子が133.4cmとほとんど差がありません。
そして女の子の思春期が始まる10歳になると、男の子が1387.9cm、女の子が140.1cmと男の子と女の子の身長差が逆転します。
その後、13歳になり男の子の思春期が始まると、男の子が159.7cm、女の子が154.8cmと男の子の身長が女の子を大きく上回るようになります。
そして17歳になり、男女ともある程度成長が止まったころには男の子が170.7cm、女の子が157.9cmと男女の身長差もかなり大きくなっています。

 

平均身長にお子様の身長が達していなかったとしても、ある程度の差であれば特別心配する必要はないでしょう。ただし、平均を大きく逸脱している場合には成長ホルモンの分泌や栄養の吸収など、身体に何らかの異常がある場合もあるので、一度病院で診断してもらうのもいいでしょう。

 

身長が思うように伸びない場合は、栄養が不足していることも考えられます。普段バランスの取れた食事を食べさせてあげていても、実は思ったように栄養が吸収されていない場合もあります。そんなときにはサプリメントを使って、足りない栄養素を補ってあげるのがいいでしょう。

 

身長を伸ばす サプリ

 


ホーム RSS購読 サイトマップ